日英翻訳事業

訳依頼受付

日英・英日翻訳サービス(日本語⇔英語)

ジャンル:
時事、政治、ビジネス文書、一般の手紙など

価格:
日本語原文1文字あたり10円
英語原文1単語あたり15円

作業環境:
Microsoft Windows 7
セキュリティ対策 Norton

使用辞書:
ジーニアス英和(和英)大辞典、経済ビジネス英語表現辞典、英語類語使い分け辞典、
OXFORD現代英英辞典、記者ハンドブック(共同通信社)
 
 
※納期、支払い方法、商品配送方法についてはお見積もり時に要相談。
お問い合わせはこちらから⇒ 【 依頼(相談)する 】

 
 

翻訳サンプル

APEC閉幕: 中国、存在感を誇示
北京で開かれたアジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議は11日、21ヵ国・地域の自由貿易協定を目指す「アジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)について「可能な限り早期」の実現を目指すことなどを盛り込んだ首脳宣言を採択し、閉幕した。

主催国の中国は、今回のAPECを機に経済統合やインフラ投資の推進を主導し、アジア太平洋地域での影響力を強める姿勢を鮮明にした。一方、日米が主導する環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の首脳会合も開かれるなど、同地域での主導権を巡るつばぜり合いが続いた。

On November 11th, the Asia-Pacific Economic Cooperation(APEC) summit in Beijing ended up adopting a Leaders’ Declaration which includes aiming to realize a Free Trade Area of the Asia-Pacific(FTAAP) for Free Trade Agreement among the 21 countries and regions as early as possible.

Taking this opportunity, the host country, China took the lead in promoting economic integration and infrastructure investment and showed its attitude of enhancing its influence in Asia-Pacific region. On the other hand, a summit meeting for the Trans-Pacific Partnership(TPP) Agreement led by Japan and U.S. was held. That is to say, fierce competitions for leadership of the same area took place in succession.

独メルケル首相: 「脱原発の理由、福島事故を目にして・・・」
来日中のドイツのメルケル首相は9日、東京都内で講演し、ドイツが2011年3月の東日本大震災直後に、エネルギー政策を転換して脱原発を決定した理由について「極めて高度な科学技術を持つ国で福島のような事故が起きたのを目の当たりにし、(原発には)予想できないリスクが生じることを認識した」と述べた。

福島第1原発事故を受け、メルケル政権は22年までに原発を段階的に停止し、再生可能エネルギーを拡充する政策へと転換した。メルケル氏は「(脱原発は)長年原子力の平和利用を支持してきた人間による、政治的な判断だった」と述べ、自らが物理学者として抱いていた原発の安全性に対する考えが揺らいだことを明かした。

The Chancellor of Germany, Angela Merkel, gave a lecture in Tokyo on March 9 while she was visiting Japan. “When the accident occurred in Fukushima prefecture of Japan, which has an outstanding technological level, I came to realize that there were risks no one could have foreseen,” she stated, about the reason why she decided denuclearization as a shift of its energy policy right after the Great East Japan Earthquake in March, 2011.

Having seen the Fukushima No.1 nuclear power plant accident, the Merkel administration shifted to the policy to phase out nuclear power stations by 2022 and expand renewable energy. Merkel said, “It was a political judgment made by people who for a long time were in favor of the peaceful use of nuclear energy”, thus admitting that her ideas as a physicist herself concerning the safety of nuclear power plants were greatly shaken.
 
※納期、支払い方法、商品配送法についてはお見積もり時に要相談。
お問い合わせはこちらから⇒ 【 依頼(相談)する 】