基礎英語勉強法・文法編

基礎英語 第16回『現在進行形』 -基礎から効率的に楽しく英語をマスターする勉強法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【第16回授業 : 『現在進行形』】

さてさて。。 勉強ばかりもしんどいですよね~(^_^;)みなさんの気持ちもよくよくわかります!・・・が、諦めずにコツコツがんばりましょう!(^0^)/ キーワードは『虎視眈々』ですね!
Keep up the great work!(その調子で頑張って!)
今回は、「現在進行形」を学習します! これまでに習った時制は「現在形(時制)」、「過去形(時制)」、「未来形(時制)」でした。今回習う「現在進行形(時制)」とは『たった今』という一時的時間に焦点を置いた表現方法です。なので訳し方としては『たった今~しているところです / たった今~している最中です』となります。

【この回での理解目標】

この回で初めて、動詞の「ing形」が出てきます。現在進行形での使い方をマスターしましょう。また否定文、疑問文の作り方も理解しておきましょう。
★動詞の形の変化については、現在形・過去形・過去分詞形・ing形をセットで覚えていくようにしましょう。

【説明】

一般動詞の例

現在進行形(時制)では動詞の“ing形”が使われます。“ing形”は『現在分詞』とも言います。そして基本的には動詞の語尾に「 -ing 」をつけてing形(現在分詞)を作ります。
ただし、上記の表にもある通り、「愛する」や「来る」のようにもとの形の語尾が少し変化して“ing”がつくものもありますので、その都度覚えていきましょう。

※また、現在進行形(時制)でbe動詞のing形は基本的に使いませんのでbe動詞の変化表は上に載せていません。
ちなみにbe動詞の“ing形”(現在分詞)は「 being 」と言います。違う場面で出てくることもあるので一緒に覚えておきましょう。

さて、現在進行形(時制)は『たった今~しているところです / たった今~している最中です』の意味を表します。
そして現在進行形(時制)のかたちは、『 be + 動詞-ing 』となります。

そして現在進行形の否定文の作り方は、『be動詞の直後に not 』を置きます。
そして現在進行形の疑問文の作り方は、『主語とbe動詞を入れ替える』という方法です。

【例文】

彼は今ゴルフをしている最中です。
He is playing golf now.

タカシは何人かの友達と話しています。
Takashi is talking with some friends.

赤ちゃんは気持ち良さそうに眠っています。
The baby is sleeping comfortably.

私はTVを見ているところです。
I am watching TV.

今何してるの? -- 夕食中ですよ。
What are you doing? — I am eating dinner.

彼はシャワーを浴びてる最中です。
He is taking a shower.

彼は自分の部屋で勉強中です。
He is studying in his room.

このシャツが合うかどうか確認しているの。
I am checking whether this shirt looks good on me.

★より詳しい説明については弊社の教材にて!
⇒ 【ダウンロード販売ページはこちらから】

★もしくは弊社の基礎英語教室にて!
⇒ 【大人の基礎英語教室はこちらから】
⇒ 【小学生の基礎英語教室はこちらから】

次回(9月1日)は、第17回授業: 『There is[are]~ 構文』です。
1ヶ月の間が空きますのでその間に復習をたっぷりしておいてください!(^▽^)/忘れずに!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*