基礎英語勉強法・文法編

基礎英語 第12回『命令文・依頼文・提案・誘い – ①』 -基礎から効率的に楽しく英語をマスターする勉強法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【第12回授業 : 『命令文・依頼文・提案・誘い-①』】

今回は、「~しなさい、~してください」を表す“命令文”や「~してくれませんか」のような“依頼文”、そして「~しましょう」のような“提案・誘い”を表す言い方を学習します。

【この回での理解目標】

命令文、依頼文、提案、誘いを表す文の作り方を覚えましょう。

【説明】

まずは命令文がどんなものかを紹介します。
命令文とは、相手に対して「~しなさい」、「~しろ」、「~して」、「~してください」と言うときの表現です。
★“命令”となっていますが、強い意味だけではありません。日常会話でもごく普通に使われます。

命令文の作り方は、いきなり文頭から動詞(V)の原形で始まります。つまり主語(S)が省略された形になります。

それを食べなさい。
Eat it.

今晩9時に私に電話して。
Call me at 9:00 tonight.

そのたまごを冷蔵庫に入れておいて。
Put the egg in the fridge.

私にあなたの名前を教えて。
Tell me your name.

静かにしなさい。
Be quiet. ※be動詞の場合は原形の“Be”で始まる。

大志を抱け。
Be ambitious. ※be動詞の場合は原形の“Be”で始まる。

そして、否定の命令文の作り方は、動詞の原形の前に“Don’t”を置きます。
これはbe動詞から始まる命令文でも同じです。

窓を開けるな。
Don’t open the window.

そんなことするな。
Don’t do that.

それを彼にあげないで。
Don’t give it to him.

恥ずかしがらないで。
Don’t be shy.

恐れるな。(怖がるな。)
Don’t be afraid.

悲しまないで。
Don’t be sad.

命令文の文頭もしくは文末に“please”をつけると「お願いします」の意味が強くなります。強い(キツイ)意味か弱い(優しい)意味になるかは結局はその人の言い方や表情、気持ちの込め方が一番大切です!

次に依頼文がどんなものかを紹介します。
依頼文とは、相手に対して「~してくれませんか?」、「~していただけませんか?」と頼むときの表現です。

依頼文の作り方は、“Will you ~?”“Can you ~?”、あとは“Could you ~?”という疑問文でできます。
第9回授業で習った助動詞“will”や11回授業で習った助動詞“can”や“could”を使った疑問文で依頼文になります。

窓を閉めてくれませんか?
Will you close the window?

この本を私に貸してくれませんか?
Will you lend me this book?

10時までに報告書を終わらせてくれますか?
Can you finish the report by 10:00?

映画館への道を教えていただけますか?
Could you show me the way to the theater?

★より詳しい説明については弊社の教材にて!
⇒ 【ダウンロード販売ページはこちらから】

★もしくは弊社の基礎英語教室にて!
⇒ 【大人の基礎英語教室はこちらから】
⇒ 【小学生の基礎英語教室はこちらから】

次回(5月19日)は、第12回授業: 『命令文・依頼文・提案・誘い-②』です。
提案するときの表現と、相手を誘うときの表現について学習します。

【問題】

下記の英文を日本文に、日本文を英文に訳してみましょう。

① Could you tell me your name?

② Don’t use this, please.

③ Please be careful.

④ Will you take me to the station?

⑤ Go straight along the street.

⑥ Don’t be sad.

⑦ Could you show me the way to the library?

⑧ Get up early.

⑨ Have a nice day. (よく使う挨拶のひとつ)

⑩ ここでタバコを吸わないでください。

⑪ 明日夜8時に私に電話していただけませんか?

⑫ 恥ずかしがらないで。

⑬ 静かにしなさい。

⑭ ここから(外に)出て行け!

⑮ 一生懸命勉強しなさい。

⑯ 私にそのペンを貸して頂けますでしょうか?

⑰ 起立!(立ってください)

答えは下記の通りです。
※ドラッグして確認できます。
あなたの名前を教えて頂けますでしょうか?
これを使わないでください。
注意してください。
私を駅まで連れて行ってくれませんか?
この道に沿ってまっすぐ行ってください。
悲しまないで。
図書館までの道(行き方)を私に教えていただけませんか?
早く起きなさい。
良い1日をお過ごしください。(別れ際の挨拶でよく使います)
Please don’t smoke here.
Could you call me at 8:00 tomorrow night?
Don’t be shy.
Be quiet.
Get out of here!
Study hard.
Could you lend me the pen?
Stand up!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加